Q&A
WATSON・深江化成 TOP >  Q&A > 常温保存と冷蔵保存で生存率が異なるのはなぜですか?

常温保存と冷蔵保存で生存率が異なるのはなぜですか?

一般的には温度が下がることによって好気性菌、嫌気性菌共に代謝速度が低下します。代謝が低下することで菌体の生化学的エネルギー(ATP、グルコース等)の消費量を減らし、菌体を長期保存させる効果があります。

このカテゴリーの質問一覧

Q&A TOPへ戻る

facebookもチェック

ワトソン総合カタログダウンロード用語集 Q&A 微細加工プラスチック表面改質技術アウトレット商品入口
WATSON製品についてのお問い合わせは、東日本TEL:03-5615-3591
信頼のワトソンブランド メールアドレス:tcr@watson.co.jp
ワトソン西日本TEL:078-991-4489
オーダーメイドについてのお問い合わせは、TEL:078-991-4477
微細加工の深江化成 メールアドレス:info@watson.co.jp
お問い合わせフォームへ map
map
ページトップへ