ドライタイプ分子量マーカー
WATSON・深江化成 TOP >  ドライタイプ分子量マーカー > 10連型スティックマーカー

10連型スティックマーカー (SDS-PAGE用 タンパク質 分子量マーカー)

割って、挿して、30秒!
特殊メンブレンでマーカーを簡単溶出!

「10連型スティックマーカー」は手軽に使える分子量マーカーです。
SDS-PAGEで分子量マーカーをアプライする代わりに
本キットを1本割ってレーンに挿入してください。
直後からタンパク質の溶液のリリースの高いメンブレンに塗布された
分子量マーカーの溶出が始まります。

使い切りタイプ

必要な分だけを使い切り。
コンタミネーションリスクを軽減しました。

乾燥保存

すでに乾燥状態のため、マーカーの溶解・
ボイル処理は必要ありません。

 

デュアルカラー

ゲルの濃度を変更しても
バンドの位置が目視しやすい
デュアルカラー(2色)タイプ。

30秒溶出

独自メンブレンに塗布したマーカーが、
たった30秒でタンパク質溶液に溶出します。

細身スティック

18ウェルゲルに対応した細身タイプ。
ゲル厚0.7mmにも対応しています。

ウエスタンブロットにも

ウエスタンブロットにも使用可能です。

 
デュアルカラー 見やすいデュアルカラー
品番 品名 入数 価格
176-420 10連型スティックマーカー(SDS-PAGE用) 5枚(50回分) 4,500円(90円/1回)

使用方法

スティックマーカーを挿したまま泳動することも可能ですが、スティックマーカーの柄が接触して泳動槽のフタが閉まらない場合などは柄を任意の場所で折ってお使いください。

※スティックマーカーを短く折って使用する際は、
 必ずレーンに差し込む前に任意の長さに調節してください。
 レーンに挿入したままスティックを折ると
 大変危険ですのでおやめください。

必要な分だけ取り出す

1. 必要な分だけ取り出し、割って使用します。
任意の長さで簡単に折れますので、スティックを挿したまま電気泳動する場合は、泳動槽のフタがきちんと閉まる長さでご使用ください。

 
スティックをレーンに挿入

2.割ったマーカーをゲルに挿します。先端がレーンの底に着くまで入れてください。

 
マーカーが染み出します

3.サンプルをレーンに添加している間にメンブレンからマーカーが染み出します。

 
スティックを抜き泳動します

4. サンプル添加終了後、スティックを取り外し廃棄、または挿したまま電気泳動を行います。

取扱説明書 ダウンロード

10連型
スティックマーカー

溶出の様子

溶出の様子

折って調整 サンプル添加 そのままでもOK
 

※動画では旧型の「8連型スティックマーカー」を使用していますが、「10連型スティックマーカー」でも使い方は同様です。

10連型スティックマーカー ご試用無料サンプルお申し込み

下記アンケートにお答え下さい。ご記入いただいた住所宛に無料サンプルを郵送いたします。
なお、使用感についてお尋ねするアンケートをサンプルに同封しておりますので、お手数ですが、ご使用後FAXかE-mailにてご回答いただければ幸いです。

氏名
フリガナ
会社名・所属名
メールアドレス

イベント、新製品などの情報をメールでお知らせしますか。

郵便番号
住所
電話番号
FAX番号
サンプル送付先

送付先が上記と異なる場合はご記入ください。

氏名
郵便番号
住所
電話番号
現在お使いのSDS-PAGE について教えて下さい。

1.SDS-PAGEを行う頻度はどのくらいですか。

2.1回のSDS-PAGEで消費するゲルはおよそ何枚ですか。

3.ゲルの準備について教えて下さい。

4.1度にアプライする平均的なサンプル数を教えて下さい。

サンプル程度

10連型スティックマーカーのどの点にご興味を持っていただけましたか。(複数回答可)





現在どのメーカーの分子量マーカーをご使用されていますか。



何を基準に分子量マーカーを選択されますか。(複数回答可)




その他、ご意見、ご要望がありましたらご記入ください。

 

個人情報保護について

ご入力いただいた情報は、当社社内での利用を目的としており、他への転載・流用は一切ございません。

 
製品についてのお問い合わせ

facebookもチェック

ワトソン総合カタログダウンロード用語集 Q&A 微細加工プラスチック表面改質技術アウトレット商品入口
WATSON製品についてのお問い合わせは、東日本TEL:03-5823-8608
信頼のワトソンブランド メールアドレス:tcr@watson.co.jp
ワトソン西日本TEL:078-991-4489 お問い合わせフォームへ map
ページトップへ