プラスチック射出成形技術
WATSON・深江化成 TOP >  カスタムメイド・特注品  > プラスチック射出成形技術

深江化成のプラスチック射出成形技術の特徴

当社は、微生物や細胞、DNA などライフサイエンス分野のラボ用品を中心に製造しています。「小さいもの」を扱うための繊細で細密な製品、異物混入や付着がない「クリーン」な製品、液体窒素で冷凍保存したり、120℃の高温でオートクレーブしたりする「温度に強い」製品、油やアルコールなど入れる溶液によって心配される容器からの「溶出に関する知見」を踏まえた製品、細胞培養で細胞の定着に重要な役割をする基材の表面を「表面改質」によりコントロールした製品などなど、独自の技術とノウハウを保有しており、貴社の製品開発に活かしていただけます。

関連項目

設計について

高精度・長寿命の金型

さまざまな金型加工法や成形条件を熟知し今まで、プラスチックでは不可能とされてきた微細な精度の加工を可能にしております。
また、試作の段階から、量産を見据えた計画を立てており、試作はできたが量産はできないといったことはありません。

特に微細な射出成形の技術では、微細金属加工の技術を応用した金型製作や特殊なダイヤモンド研磨加工の採用により、高い寸法精度と表面平滑性、ガラスのような透明性、優れた液切れ性能などを実現、先進の研究に多くの製品が利用されており、トップクラスの技術と自負しています。
また、従来の金型では10 年しかもたなかったのに、深江化成の金型は倍の20 年も使えたなど、寿命が長いと評価をいただいております。

一見同じように見える製品でも、他社に真似のできない技術(ノウハウ)を駆使し、実際に使ってみるとそのコストパフォーマンスや使い心地の違いがわかるようなものづくりを心がけております。

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら

facebookもチェック

微細加工プラスチック表面改質技術用語集 Q&A ワトソン総合カタログダウンロードアウトレット商品入口
オーダーメイドについてのお問い合わせは、TEL:078-991-4477
微細加工の深江化成 メールアドレス:info@watson.co.jp
お問い合わせフォームへ map
ページトップへ